広島市勤務医会

会長挨拶 広島市勤務医会とは 役員紹介 事業内容
トップページ会長挨拶
   

ご挨拶

           広島市勤務医会 会長 奥道恒夫          
 
 広島市勤務医会は、2014年3月14日に発足し、初代会長には中井志郎先生が選出され、2期4年間務められました。2018年5月22日に中井先生の後任として2代目の会長を拝命いたしました。
 広島市勤務医会は、広島市医師会に所属する勤務医委員会とは独立した広島市に就業所を有する勤務医だけの組織で2018年5月時点での会員数は812名です。
 本会の目的は、「各医師会との連携のもと、勤務医相互の技術連携及び福祉の増進、親睦等を図るとともに、地域医療及び学術研究に寄与する」こととしております。
 勤務医を取り巻く諸問題は数多くありますが、重点課題としまして
  1)医療安全・医療訴訟
  2)過重労働(医師の働き方改革)
  3)専門医制度
  4)災害・救急医療支援
  5)各医師会との連携・協力
  6)女性医師・退職医師への支援
  7)勤務医相互の懇親
 等を掲げ、改善に向けて事業展開中であります。
 まだ入会されていない勤務医の先生方におかれましては、本会にご入会いただき、また、会員の皆様におかれましても我々勤務医を取り巻く諸問題の改善・解決に向けて一緒に活動し、またご支援していただくことを願っております。